症状に合わせたAGAの治療方法をご紹介

成人男性の中には薄毛に悩まされている人も多いことでしょう。その原因としては頭皮にs乱した皮脂やゴミが毛穴詰まりを起こしたり、あるいは生活習慣によって血行悪化が起こるなど様々ですが、その一方で今注目を集めているのがagaという病気です。agaは男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応し分泌されたDHTを毛乳頭が完治することで過剰反応が起こり、毛細血管からの栄養分の補給を抑制してしまう症状のこと。これによって頭髪の成長サイクルが乱れ、やがては薄毛につながってしまいます。しかしagaは病気であるがゆえに適切な治療さえ行えば症状を改善することが可能です。それでは症状別にどのような治療法が存在するのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

医療機関での最も一般的な治療法は飲み薬と塗り薬の処方

agaは様々な医療機関にて治療することが可能です。最も一般的な飲み薬と外用薬の処方であれば、近場の内科や皮膚科などの個人クリニックでも可能です。ただし薄毛治療専門クリニックの方が設備的にも、それから医師の知識や専門性にも秀でており、より具体的な診療や検査、処置が行えます。この一般的な飲み薬とはフィナステリドという成分を含むプロペシアという錠剤です。これを1日1錠ずつ服用すると頭皮の5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの分泌量を抑えることで頭髪の成長を正常化させることが可能です。また、外用薬としてはミノキシジルを含んだ塗り薬がよく知られています。これを頭皮に塗ると毛細血管が拡張され、血流量が高まると同時にそれに含まれる栄養分の量も上昇。結果的に頭髪に多くの栄養分が過不足なく補給される状態が出来上がるのです。

すでにagaが進行している場合には専門的な薄毛治療が必要

薄毛治療として一般的な飲み薬や塗り薬の処方ですが、しかしこれらはagaが過度に進行した状態だと効き目が現れるのにかなりの長期を要することとなり、あるいはすでにagaを発症して随分と時間が経っていると毛包そのものが縮小したり、あるいは消滅している場合もあります。その際には薄毛治療専門クリニックで実施している他の治療法が効果的です。例えば成長因子や栄養分を混ぜ合わせた液体を頭皮に注射することで発毛を促したり、あるいは幹細胞を用いて頭髪の元となる細胞を培養し頭皮に戻してあげることで発毛を試みる再生医療も存在します。あるいは健康的な自毛を毛包から丁寧に採取して薄毛部分に植え替えて根付かせることで一生ものの頭髪として育てていくなど様々な専門治療が可能なので、医師との相談や治療費の検討などを通じて自分に最も適したものを選択すると良いでしょう。